キャリアや教育、お金のことも!「理想の住まい」を叶える第一歩

出産するとき、病気になったとき、家を買うときなど、人生の節目のサポートを行う浜田さんに、家選びのポイントや理想のライフスタイルを見つけるポイントを聞いてみました。

リフォーム会社に入社後、楽しすぎて仕事に没頭してしまう日々だったとお聞きしました。どんなお仕事をされていたのでしょうか?

中学生の頃からずっと大工になろうと思っていたんです。しかし、いきなり専門学校に行くのを周囲に反対されたり、将来の道を一本に絞る不安があったりしたため、 特に学校で建築について学ぶことはありませんでした。卒業後は秋田から上京し、生活の安定を求めて金融機関に就職しました。
働き始めて3年経った頃にお金も貯まり「このお金で何をしよう」と思ったのがきっかけで将来のことを真剣に考えました。
そこで改めて「建築を学びたい」と。 金融機関で働きながら、丸2年間ほぼ毎日夜間の建築学校に通いました。
卒業を機に建築業界に転職活動をしましたが、当時は未経験の女性を雇ってくれる会社はなく、それならば経験を積もう!と、 CADオペ(建築図面をPCで描く仕事)をバイトで始めました。その後、縁あってリフォーム会社に転職します。

職場でCADを使って営業のお手伝いをしたところ、社内での営業効率が大幅にアップして、私も営業の第一線に立って現場で指揮監督をするようになりました。

その後は住宅や店舗の改装・リフォームのお仕事を朝から晩までするようになり、のめり込むように仕事をしていました。
月400時間も働く時期があったため「この働き方では続けられない」と考え、現場を離れる決意をします。 その時に出会ったのが、家を建てたい人と家を建てている建築会社さんをマッチングする新サービスの立上げでした。
この時に家づくりの「入口」をサポートするお手伝いをした経験から、「入口だけでなく、もっと長いスパンでお役に立てる仕事をしたい!」と思い、人のご縁もあって現在のライフプランナーという仕事に出会いました。

今のお仕事ではどんなご相談が多いのでしょうか?

結婚や出産、子どもの進学、家を買うタイミングでのご相談が多いです。
「〜〜の保険に入りたい」というお客様もいらっしゃいますが、それよりも「自分の理想のライフプランを決める」ということに重きを置くべきだと考えています。

例えば、ワークライフバランスはどうするのか、子どもの教育方針はどうするのか、子どもは何人欲しいのか、どんな休日を過ごしたいのか、 家にいる時間はどれぐらい大切か…一人一人の価値観を一つ一つ書き出し、理想のライフスタイルを決めることが最優先です。
その上で、現状ではここが足りていない、こういう環境の方がいいということを考えた上での家探しやマネープランだと思っています。 その上で保険が必要だと判断されれば保険についてご説明したり、適した人をご紹介することも多々あります。

事情は様々ですが、やはり保育園に入ることに切迫な状態な方が多いです。 また、保活は「何かをするため」にされるものです。 例えば復職、転職、開業、介護など…保活の相談を行う上で感じるのは「職」と「場所」にも困っている方が多いです。

今はどんな家に住んでいますか?

2016年から都内の一軒家に住んでいます。リフォーム会社で働いていたこともあり、メンテナンスがあまり必要ない家づくりをしました。

これまでたくさんのお客様の要望を聞いてきたのですが、私たちの家族では、
1.駅に近い事(利便)
2.駐車場があること
3.収納が十分にあること
の3つが最優先でした。

元々はマンションを探していたんですが、戸建ての検討もして良いのではないかと思い、不動産会社に行った1週間後には土地の契約をしていました。 要望が明確だったのと、事前に相場を調べていたので、あとは夫婦で土地や家を見た“印象”で即決できました。

先ほどお話したように、理想のライフスタイルや生活の優先順位が決まっていると、理想の住まいを見つけるのはそんなに難しくないと思います。

引っ越しの時にやっておけばよかったこと、後悔していることはありますか?

子どもが生まれるタイミングで引っ越しましたが、もう少し早く行動に移していれば!と思ったことはたくさんあります。
子どもが生まれると授乳やまわりの環境づくりのために時間を割いてしまいます。
子どもが生まれる前から地域と交流したり、街の施設をのぞいてみたりしておけば良かったなと思いました。

働き方、育休の取り方が多様な今こそ、戦略的な「保活」が大切になってきます。
保活については他セミナーのスミスさんが熱く語ってくれますが(笑)
子どもが生まれると、いい意味でも悪い意味でも環境が固定されてしまいます。住む場所や子供の教育方針、理想の働き方などを出産前から環境づくりすることが重要です。

オフライン相談で浜田さんにどんな相談ができますか?

まずは大きく
1.理想の住環境
2.子どもの教育方針
3.キャリア方針
を明確にすることから始めてみませんか?
ご相談いただくタイミングは、早ければ早いほどプランが立てやすくなります。
こういったことは本を読んだり文章で羅列されていても「思い浮かばない」、「改まって家族で話し合うのは恥ずかしい」という方も多いので、そこは私を頼ってください!
理想のライフプランに正解はありません。
例えば「賃貸と持ち家、どちらが正解か」という話がよくありますが、理想の住まいを実現するためにどちらが適切かという視点が大切だと思います。
定期的に別の街に引っ越したい、通勤時間は気にならないので自然豊かな場所で過ごしたい、利便性を追求したいなど、理想のライフスタイルは十人十色です。

住まいのお悩みからライフプランの策定まで、幅広くご相談者の方に寄り添えればと思いますので、お気軽にご相談ください。